目黒佐枝 ジュエリーコーディネート講座 Vol.10《最終回》

目黒さん

着用:J350274/E231969

ブレスレット&リング編

シーンに合わせたジュエリー選び

 ジュエリーの役割として身に着ける人を魅力的に見せるために、これまでお顔周りのジュエリーを中心にご紹介してまいりましたが、10回目は手元にフォーカスしてみようと思います。
 15世紀頃からの貴婦人たちの肖像画の装いや、アンティークジュエリーの正式なパリュールから見ても、ブレスレットが大概左と右の対で装うのが基本だったようです。しかし今では、片側のみに着けるのが普通ですので、ブレスレットとリングの組み合わせで、統一感ある見せ方を考えてまいりましょう。
 ブレスレットとリングのイメージや共通点で組み合わせると、違うブランドだったとしてもマッチするのでとても素敵です。

※パリュールとは、ティアラ(又は髪飾り)、イヤリング、ネックレス(又はチョーカーやペンダント)、ブローチ、対で揃ってるブレスレットを揃えて作製された一式のこと。

2色のゴールド

2色のゴールド

  • E232206

    E232206
    K18YG/WG ゴールドブレスレット エトワール 約20.5cm 幅:約5.0-9.0mm 4.9g以上

  • J344668

    J344668
    K18WG/YG ダイヤモンド リング D 約0.30ct

YGとWGのコンビの鎖状イタリアンジュエリーのブレスレットに、同じく2色地金のリングを合わせました。ブレスレットにダイヤはありませんが、リングの真ん中にダイヤのレーンが入ることで、クラス感ある見せ方ができると感じます。リングは、このようなストレートタイプだけではなく、チェーンスタイルでも素敵です。日中のお出かけには一番ふさわしいですね。

優しい色と角のカット石

優しい色と角のカット石

  • M337804

    M337804
    パラジウムシルバー950 非加熱ファンシーカラーサファイア 天然ホワイトジルコン ブレスレット SA 約4.65ct ZI 約1.52ct

  • J339042

    J339042
    パラジウムシルバー950 非加熱ファンシーカラーサファイア ホワイトジルコン リング SA 約2.10ct ZI 約0.85ct

セットで作製されたものではないのですが、淡い優しいトーンの色石とバゲットカットという角石という共通点で合わせてみました。リングの幅がしっかりあることで、ふんわりしている色でもジュエリーの存在がはっきりします。さりげなく見せつつこだわりがあるというおしゃれが完成です。

現代風

現代風

  • J343447

    J343447
    K18WG/YG ダイヤモンド バングル D 約0.63ct

  • J347655

    J347655
    K18WG ダイヤモンド リング D 約0.80ct

シンプル且つモダンスタイルです。もしダイヤ入りの使いやすいバングルを購入する場合、このようなすっきりしたデザインを選ぶことが多いと思いますが、リングを同じデザインにせず、思い切り幅を持たせたリングを選んでみてください。大人っぽさが出て素敵です。

中石タイプ

中石タイプ

  • J343983

    J343983
    K18PG ルビー ブラウンダイヤ ブレスレット RB 約4.92ct BRD 約1.00ct

  • J342573

    J342573
    K18PG ヴィヴィッドカラールビー ダイヤ リング RB 0.70ct以上 D 約0.08ct

クラシックスタイルですね。ルビーがふんだんに使われているブレスレットはなんとも優雅で贅沢。ここでは愛らしい雰囲気でセンターストーンを生かす伝統的なリングを合わせてみました。女性らしい雰囲気は十分出ていますよね。ルビーのカラットがもっと大きくなれば、より一層マダム感が出てゴージャスになっていきます。ご自身のなりたい雰囲気のイメージで、石のサイズを選んでいけば良いと思います。

有機的イメージ

有機的イメージ

  • J345195

    J345195
    K18PG 非加熱ファンシーカラーサファイア ダイヤ ブルーサファイア パヴェ バングル SA 約2.24ct D 約0.35ct SA 約0.16ct

  • J343987

    J343987
    K18YG ピンクサファイア 非加熱サファイア ツァボライト ブルーサファイア ルビー ダイヤ リング PS 約1.10ct SA 約0.70ct TS 約0.43ct SA 約0.18ct RB 約0.16ct D 約0.15ct

この組み合わせは、有機的な植物や動物といったテーマで合わせてみました。色石は天然のままで濃淡がありますが、ブレスレットとリングが持つ主題のイメージがしっくりきた感じがします。愛らしく、夢のあるデザイン同士という装いです。好みが分かれると思いますが、手元だけこのような組み合わせで花を添えるのも憧れますよね。

ストレートライン

ストレートライン

  • J349579

    J349579
    K18WG サファイア ミステリーセッティング バングル SA 約4.60ct

  • J341753

    J341753
    K18WG サファイア パライバトルマリン ミステリーセッティング リング SA 約3.18ct PRT 約0.53ct

とてもコンサバティブな組み合わせですね。ブルーサファイアのミステリーセッティングとシンプルなストレートラインというクールスタイルで統一してみました。ブレスレットに使われている石のサイズとリングに使われている石のサイズは違いますが、どちらかに他の色石が入っていることで、ブレスレットとリングの統一感は保ったままで、オリジナリティのある組み合わせが誕生しました。まったく同じデザインよりお洒落だと思いませんか?

※商品番号が掲載されていない商品は、参考商品です。

目黒さん

コーディネート提案

目黒 佐枝


番組ガイド誌「ジュエリー☆GSTV番組表」 2017年1月号掲載)

ジュエリーコーディネート講座 へ戻る